のんびりmathematicー数学主婦のブログ

大学院まで数学を専攻していた主婦によるのんびりブログ

「全然わからない」のに「大好き!」~リーマン面の授業

今日、久々に数学者の方たちに会いました。

(毎年この時期になると、数学者の方たちにお誕生日会を開いてもらってます…怪しい…)

 

数学者の方たちと話してて、あらためて色々と、ものすごい発見がありました。

 

その発見のうちの一つ、「A先生」という先生の話を、忘れないうちに書き記しておきます!

 

1.大好きな授業

このA先生の授業なんですが、高度だし、詰め込みまくりだし、まあ、それはもう、わからないんですよ。

あとでノート読み返しても、わけわかんなくて「ひーひー」言ってました。

 

でも、私、

この先生の授業が大好きだったんです。

 

全然わからない授業なんだけど、私にとって、すっごく大切で特別な時間でした。

 

なんか、その授業の時間、目の前がキラキラしてたんです。

真っ暗闇の中で、流れ星がバーッて飛んでくるイメージでした。

f:id:nekomath271828:20171021224030j:plain

「わー、すごいすごい!わかんないけど、すごい!」

って思える不思議な時間だったんです。

 

2.「わからない」と「大好き」

「数学って、全然わからない。だから嫌い」

という人って、とても多いです。

 

「わからない」と「嫌い」って、簡単に結びつくものです。

 

f:id:nekomath271828:20171021224221p:plain

「わからない」という状態のときって、すごく疲れるし、エネルギーを消耗します。

それに「ああ、自分は何でこんなこともわからないんだ」と思って、無力感を感じ、落ち込むこともあります。

ひどい時には、「自信喪失」や「自己肯定感の低下」にも繋がっていきます。

 

だから、多くの教育では、「わかった!」となることを目指します。

 

そして、この「わかった!」が「面白い!これ好き!」につながるのだと、多くの人たちは信じています。

 

でも、A先生の授業を受けている私の場合、とても不思議なことに、

「わからない」と「大好き」が両立してしまったんです。

 

3.「伝えたい」というエネルギー

今日、一人の数学者の方(私の同期で、学生時代に私と同じ授業を受けていた人)が、

 

「A先生の授業は、エネルギーがすごかった。『伝えたい』という思いが溢れ出ていた」

 

と言っていたんです。

 

それを聞いて、

「ああ、だから、『全然わからないけど、大好き』って思えたんだなあ」

って気づきました。

 

たぶん、A先生は、壮絶な研究をされていて、数学に人生を捧げていて、数学を愛していて、そして戦っている人なんだと思うんです。

そんなA先生が「数学って素晴らしいんだよ!!!!!!!」っていう、壮絶なエネルギーを炸裂させていた授業だったんですよ。

 

こんな授業って、数学者の方にしか、絶対にできないことだと思います。

 

人生を捧げて、愛して、撃たれまくって、何度倒れても立ち上がって、

「それでも数学をやります!!」

って、大真面目に言える人たちじゃないと、できないことです。

 

10000回ふられても、「好きです!結婚してください!」って言える愛です。情熱です。

 

そんな愛を持ってして、先生が授業でエネルギーを炸裂させたら、

 

「わけわかんないけど…キラキラしてる…なんだこれ、すごい!!」

f:id:nekomath271828:20171021224514j:plain

って、聴いてる人たちは思っちゃいます。

 

3.先生のできること

以前、国立大付属中高の元数学教員の方が、

 

「僕たちのできることって、少しだけでも興味を持ってもらえるようにすることだけですからね」

 

って言ってたんです。

 

「わからせる」「できるようにさせる」じゃあないんだなあ、と思ってビックリしました。

 

すごく謙虚な言葉だけれども、

これって、教育の一番大切なところを、コンコンッとノックしている言葉だと思います。

 

4.リーマン面が好き!

私は、A先生の授業を聴いて以来、「リーマン面」のことが、とっても好きです。

完全に理解しきれているわけじゃあないけれど、「絶対に深遠で面白い」って確信しています。

 

だから、卒業してからも、複素解析の本は時々ひらきます。

 

そして、少し噛み砕きつつ、若者に伝えるようにしています。

私のような凡人には、A先生みたいなエネルギーは出せないけれど、でも、「絶対に深遠で面白いこと」なんだから、伝えていかなきゃなあ…思うのです。

 

A先生の罠に、まんまとかかってしまったなあっていう感じがします。

そして、教育の力って、すごいなあ、と、しみじみ感じます。

 

5.「わかった」「できた」じゃないこと

今、これを読んでいるあなたが、受験生などの「学習者」なのでしたら、

「わかった」「できた」以外にも、「何か、わけわからないけど、魅かれるなあ」って感じたことも大切にしてほしいです。

 

そう感じられたことって、長年、記憶に残り続け、きっと「あなた」を構成する大切な要素になるはずです。

それは、キラキラした「たからもの」のような…

f:id:nekomath271828:20171021225314j:plain

 

 ***

A先生の授業が聴けて、本当に本当に良かった…。

「エネルギーを持って伝える」という、とても勇気が必要なことをしれくれたこと、感謝してます。A先生!