のんびりmathematicー数学主婦のブログ

大学院まで数学を専攻していた主婦によるのんびりブログ

数学の学び直し、何から始めればいいの??~オススメの第一歩目はコレ!!

昔、数学を諦めてしまったのですが、

学びなおしって、何からやったら良いですか?

f:id:nekomath271828:20170927215958j:plain

この質問、プライベート含め、すっごーーーーーーく頻繁に聞かれます。

 

なので、「これが良いんじゃないかなあ」という道すじを、少しだけ紹介していこうと思います!

 

偉そうなこと言える立場ではありませんが、どなたかの役に立てば幸いです…!

 

1.目指すレベルは??

その前に…「どのくらい、できるようになりたいのかなあ??」と、良かったら自問自答してみてください☆

 

①触れる程度・教養レベル

 

②中高数学の教科書が理解できるレベル

 

③大学受験に受かるレベル

 

④大学以降の数学も取り組めるレベル

 

などなど、色々あると思います。

 

正直、①以外は、

それなりの努力を必要とします!!

 

ピアノで言えば、②は「バイエル・ツェルニーソナチネが、一応弾ける」みたいなものだと思います。

 

スポーツで言えば(私は運動できません)、「一応、何らかの試合に出て戦える」みたいなものだと思います。

 

ピアノだったら、指の練習を毎日する等しなければなりませんよね。

スポーツだったら、筋トレや走り込み等しなければなりませんよね。

 

「それなりに問題が解ける」という状態に持っていくためには、一部の「天才!」みたいな人を除いて、それなりには頑張らなければならないのだ…ということは、良かったら知っておいてくださいませ。

 

2.第一歩のオススメ

まず、第一歩としてオススメしたいのは、

数学トピックに接すること。

 

私のおすすめの本は、こちら!

 

①算数おもしろ大辞典

算数おもしろ大事典IQ 増補改訂版

算数おもしろ大事典IQ 増補改訂版

 

 小学生でも理解できる書きっぷりで、意外にも深い内容が書いてあります。

後半は、非ユークリッド幾何のことまで…

 

私は、子どもの頃、ずーーーーっと、これを眺めてました。

数学者辞典みたいなものも載っていて、それも、とっても興味深いです。

 

 

②世にも美しい数学入門

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

 

 「国家の品格」を書いた数学者 藤原正彦さん

博士の愛した数式」の作者 小川洋子さん

このお二方の対談本です。

 

数学の、知的好奇心をくすぐられるエピソードが、ぐぐっと詰まってます。

 

③天才数学者たちが挑んだ最大の難問ーフェルマーの最終定理が解けるまで

 みんな大好きフェルマーの最終定理

360年解けなかった難問ですが、1995年にアンドリュー・ワイルズが解決しました。

「20世紀の数学の集大成」とも言える証明。

私は、泣きながら読みました…!!!

 

③数学史ー数学5000年の歩みー

数学史 ―数学5000年の歩み―

数学史 ―数学5000年の歩み―

 

 若干専門的な本ですが、

数学史を知ってるのと、知らないのでは、数学への理解が全然違う!

 と思うので、おすすめします!!!

歴史的な背景を知っていると、納得感が2倍にも3倍にもなります。

 

***

 

他にも、一般向けの読みやすい本は色々あります!「数学ガール」とか、流行ってますよね。

「読みやすそう」と思ったものから、ぜひ手に取って、読んでみると良いんじゃないかなあって思ってます。

 

なぜ、数学トピックに触れてほしいのかと言うと、

 

●「大変かもしれないけど…これを理解してみたい!」と思える目標を持つこと

●「こういうのが好きなんだなあ」という自分の関心の傾向を知ること

 

が、数学を学んでいく上で、すごく重要になっていくと思うんです。

 

数学の学習って、正直言って、楽しいばかりではありません。

「修行かよ…」みたいな苦難もあります。時には、滝に打たれます。

 

だから、「それでも頑張ってみたい!」と思えるモチベーションを、小さくても持っていると良いのかなあって思います。

 

3.第二歩目~体系的に学ぶなら

第二歩目。

中高数学を体系的に学ぶなら、やっぱり、教科書だと思います。

数学? 文部科学省検定済教科書 東京書籍版

数学? 文部科学省検定済教科書 東京書籍版

  • 作者: 原常,秋山泰子,星昭輝,横山尚洋,石田哲浩,東京書籍
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2012
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 値段も安く、全面カラー。

そして、「中高で学ぶ全て」が、ここに掲載されています。

 

色々批判もあるようですが、

結局は、「全部ここに載ってる」ので、私自身も「教えるときの辞書・手引き書」として活用しています。

 

独学してる人に、ありがちなのは、

「とりあえずチャート式を買って、解く」

という方針。

 

チャート式は、あくまで問題集。

一つ一つの定理や公式に、証明は掲載されてません。

なので、「教科書に掲載されている知識」を前提としているのです。

 

 

「教科書って、つまんない」

と思ってる人が多いようですが、恐らく、「数学トピック」や「背景知識」を何も知らないから、つまらないのだと思うんです。

公式や定理の証明、問題演習を坦々とこなすだけになっちゃうので…

 

なので、「2.第一歩のオススメ」で掲載したような「一般向け数学本」を読んで、「数学トピック」や「背景知識」を蓄えた上で、教科書を読んでみてください!

 

そうすれば、「え…教科書、意外と面白い!!」ってなれると思うのです。

気になる「あのこと」や「このこと」の証明とか根拠とかが、しっかり載ってるわけですから…!!

 

***

***

***

 

ひとまず、ここまで、オススメとして紹介しておきます!

また、言及することがあれば、書き足していこうと思ってます☆

 

(つづくかも) 

■参考記事

nekomath271828.hatenablog.com

nekomath271828.hatenablog.com

nekomath271828.hatenablog.com

 

数学 学習法 学び直し